FC2ブログ

まず100見る 33本目~34本目

まず100観る

・ルール
年内にとりあえず映像作品を100本観る。
基本的には120分の映画をベースに1本と換算。
30分作品(TVアニメとか)は6話で1本換算、1時間作品(海外ドラマとか)は2話で1本換算とする。
観た作品は毎回ブログに記録し、小学生並の感想をつけること。
年内に100本観れなかった場合の罰ゲームは巨大化した中島真也の彼女が100人の童貞リスナーを次々に抜いていくシン・ドウテイ。


観たそばから記事にしていくことにしました


観たリスト
めっちゃネタバレとかするんで気をつけてください。

33本目:劇場版アイカツスターズ!&アイカツ!~ねらわれた魔法のアイカツ!カード~(120分)
34本目:オーシャンズ11(120分)




33本目:劇場版アイカツスターズ!&アイカツ!~ねらわれた魔法のアイカツ!カード~(120分)
アニメ『劇場版 アイカツスターズ!』ボーカルシングル
AIKATSU☆STARS!
ランティス (2016-08-17)
売り上げランキング: 114


さすがにちょっと早いんでないの?というアイカツスターズ劇場版および同時上映の待ちに待った旧アイカツ劇場版の二本立て。
まず旧アイカツ劇場版に関して。
結論から言ってしまうといつものドラマ回を劇場版にそのまま引っ張ってきた感じ。
ストーリー的にはあかりちゃんを主演にいちごちゃんが監督で映画を撮るぞ!って感じなんだけど、ちょっとしたハプニングから撮影が脚本通り進まず、でもそっちのほうが面白そうなんでいちごちゃんのGOサインで脚本から外れたまま撮影続行!って感じはいつも通りのアイカツでとっても安心。

オールキャストで進んでいくドラマパートはテンポもよく、定番の展開をしっかり押さえてくれているのでよし。らぶゆ~掛け軸売ってくんねえかな?

終盤でドリアカ入りを果たしたノエルちゃんの出番もあり、ちょい顔見せ程度に西園寺つばきが映っていることもちゃんとアイドルやれてんねんなぁという安心感がありました。

思えば旧アイカツはこれからも続くんやろ?そうなんやろ?ってとこで最終回1か月前の終了告知で大変ショックを受けたもので、さらに追い打ちをかけるように夏の劇場版も新作で・・・という告知があったもんですから二重にショックでした。
夏の劇場版の展開で全てにケリをつけてくれると思ってたもんで、今ではなんやかんや新作であるスターズも楽しく観れているのでいいんですけどその日は丸一日寝込んだもんです。

150話以上続いていた作品を切るっていうのはものすごく勇気のある決断だったでしょうし、筐体の一新でのイメージチェンジを図るといういわゆる大人の事情は理解していたつもりではあったんですが、なんともモヤモヤしっぱなしではあったので今回のような旧作品ファンへのファンサービスは非常にありがたいもんであったわけです。
今回何よりうれしかったのはまた新しくあかりちゃんを観れたことで、わたくしは冒頭の登場シーンから涙がちょちょぎれていたレベルなので、こういった展開はまた続けてほしいもんですね。

で、メインのアイカツスターズ劇場版について。

TV版18話より続く、南の島を借り切った四ツ星学園の夏フェス「アイカツアイランド」の話。
テレビアニメの劇場版っていうのは基本的に本編と関係ないような話をやるもんというイメージが僕の中にはあったんですけど、今回は本編の内容にガンガン食い込んでくるようなストーリーで多少面食らってしまうところ。

正直言ってこれTV版でやるべきなんじゃないの?とも思ったんですけど、本編開始からまだ5か月程度しか経ってないわけで、そのへん得も言われぬ事情を感じずにはいられないようなところでした。

ただ、ストーリーとしてもゆめとローラのガチの喧嘩から和解を描くような、やはりこれまでの旧アイカツでは見られなかったような、バディ感を強調するようなシーンも見られて素晴らしい内容。
旧アイカツのような過程を世界観とパワーですっとばしてうやむやにしていた結果重視のものではなく、過程をじっくり描いてくれるのはスターズの良い点であり、旧作品との明確な違いですね。

そのぶん最初から登場人物が多いこともあって、各々のキャラ性がいまだ分かっていなかったり、目玉である組分けの利点がまだわかっていなかったり、ってこともあるんだけどその辺はまだまだおいおい、って感じなんでしょう。
どちらにせよただでさえ短い尺を旧作品に食われていた時間でよくこんだけまとめられたな、という印象です。やっぱりアイカツ劇場版はクオリティが素晴らしい。

ライブシーンはゆめローラあこ真昼の1年生上位4名のアイカツ☆ステップ!、S4初のフルメンバーのepisode Solo、最後にゆめローラ新曲のPOPCORN DREAMING♪の計3回。

アイカツ☆ステップはこれまで最大でも2人ユニットでしか描かれていなかったスターズとしては初の四人編成のライブシーンで、お祭り感あって良し。やはり4人編成はCGに映えますね~。

episode SoloははじめてのS4勢揃い、何気に柚ちゃんのCGは初お目見えだったのでは。
これまでいまいちトップアイドルとしての力量が見えづらかったS4ですが、ライブ前のメンバーを楽団になぞらえた演出が圧巻で彼女たちがトップアイドルであるということを理解させるには十分すぎるレベル。
また、これまでランウェイをステージとしていたepisode Soloのライブシーンとは違い通常の円形ステージのパフォーマンスで、ステージをより広く感じさせる構成になっており、編成の妙を観られた感じ。

劇場版新曲のPOPCORN DREAMING♪はゆめローラの2人ユニットでのパフォーマンスで、お互いの関係性を象徴したような曲でGood。
ゆめローラは中の人であるせなりえの歌唱方も相まって舌ったらずなゆめと声量のあるローラと二人並べたときのバランスが凄まじくよいですね。
どうせならS4+ゆめローラのライブシーンも見たかった感があるけどまあしゃあなし。十分に満足でした。また劇場版やってくれよな~

おもしろかった度:宇宙




34本目:オーシャンズ11(120分)
オーシャンズ11 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 6,726


くっそくそ有名なクライムアクションシリーズの一作目。
前々から観たかったんだけどamazonプライムに入っていたので飛びつきました。プライムビデオくんほんま有能。
ジョージクルーニーがリーダーのスペシャリスト集団がカジノの巨大金庫を狙う、って話です。
基本線はいたってシンプルで、とくにピンチらしいピンチもないので何も考えずに観るには最適。
それでも素晴らしくテンポがいいので中だるみせず観られるし、序盤の昔の仲間たちを集めていくシーンは非常にアツくてよい。
何度も言及するけどブラッドピットがかっこよすぎんの。
この作品では終始クールなボスの右腕で、常に冷静な演技がたまんないったらないの。
あと常になんか食ってる。でもナチョス食ってるだけなのにかっこいいって普通あるか?????
ただ最終的にどうあっても女を絡めてくるあたりメリケンの映画やなあって感じでした。

おもしろかった度:★★★★★★☆☆☆☆
スポンサーサイト



コメント

シンゴジラ見よう

  • 2016/08/16 (Tue) 13:21
  • #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する