FC2ブログ

まず100見る 35本目~44本目

まず100観る

・ルール
年内にとりあえず映像作品を100本観る。
基本的には120分の映画をベースに1本と換算。
30分作品(TVアニメとか)は6話で1本換算、1時間作品(海外ドラマとか)は2話で1本換算とする。
観た作品は毎回ブログに記録し、小学生並の感想をつけること。
年内に100本観れなかった場合の罰ゲームは100人の童貞リスナーたちと25年ぶりのリーグ優勝を目指す童貞広島カープ。

観たリスト
めっちゃネタバレとかするんで気をつけてください。

35本目:君の名は。(110分)
36~44本目:ウォーキング・デッド(シーズン1~2)(40分*18)




35本目:君の名は。(110分)
新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド
新海 誠
KADOKAWA/角川書店 (2016-08-27)
売り上げランキング: 7



大ヒットした後の煽りポスターの壮絶さが話題のアレ。
家が神社の田舎の女子高生と都会の男子高校生が入れ替わっちゃうやつ。転校生の距離遠いバージョン。
ああ超つまんなさそうな紹介になった。いやこれ超絶面白かったんですよ。
とにかくほとんどすべて演出が美しく、テンポもすさまじくいいし3D混じりとはいえ作画も素晴らしくいい。
基本的に映像作品で風景に驚かされるのって雄大な自然であったり幻想的な世界だったりすると思うんだけど、この作品にいたってはビル街や電車の路線であっても美しく感じさせるような描写があってめんたま飛び出る。
入れ替わりをお互いが自覚したあとのダイジェスト的な見せ方はもっとよく観たいと思う反面スピーディなカットとRadの曲がよくマッチしていて気持ちよく、これがベストだったんだと思わされる感じ。
新海誠作品ってこれまで怖くて見れなかったんだけど、これに関しては基本的に優しい世界なので、その世界に守られたキャラクターたちも魅力的でよいです。
細かな所作の違いで瀧くん本人と三葉が入っている瀧くんが判別できるようにできているのはため息が出るレベル。三葉本人と瀧くんに入っている三葉はそもそも髪型が違ったりする。
声のおにいさんおねえさんたちも主役級には俳優さんを使ってるんだけど、違和感ないどころかごく自然だったので安心。
そんな要素が集まってるもんだからストーリーの展開上「ここってどうなってんの?」「ここおかしくない?」っていう部分が何個かあっても「これもムスビ!!あれもムスビじゃオラァ!!」と殴り殺されてしまって疑問がチリと消えて行ってしまうすさまじいパワー系の映画でした。基本映画は割と前情報を入れてから観に行く方なんだけど、これは前情報を入れずに観に行って正解でした。
一回観たひとはスピンオフチックな小説が出てるので、そっちを読むと結構重要な親父に関する疑問とかが解消できるのでオススメです。

おもしろかった度:★★★★★★★★★★



36~44本目:ウォーキング・デッド(シーズン1~2)(40分*18)
ウォーキング・デッド コンパクト DVD-BOX シーズン1
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2015-07-22)
売り上げランキング: 1,883


メリケン大好きゾンビのアメドラ。
起きたら世界中ソンビだらけになっててどうしようのやつ。
いかにもアメリカのドラマって感じの派手なドンパチのシーンだったりゾンビそっちのけの人間ドラマが展開されたりで、なんにも考えずに見られてよい。
ただ、ゾンビものにありがちなんだろうけどまとめて見ようとすると基本的に誰が死ぬのかどんな新キャラが出るのか程度しか楽しめるところがないので退屈になりがち。
一日1、2話ちまちま見ていく分にはよいのでまあある程度までは観ていくぞ。

おもしろかった度:★★★★☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する